top of page

水曜日は、駄文をこねる日。

昔から、エッセイが好きだった。


昔からっていつぐらいのことかというと、

多分小四くらい。

はじめてのそれは、登竜門であろう、

さくらももこさんのエッセイだったことを覚えている。


そして小五の頃、何故か室井滋さんのエッセイを読んでいた。


その夏、わたしは鼻の手術で1週間程度、いやもっと短い期間だった気もするが、とにかく入院し、手術を受けた。


担任の先生が、夏休みなのにも関わらず、入院の前日、クリーム色のクマのぬいぐるみを家まで来てプレゼントしてくれた。


お返しに何か贈ろう、と言ったのはわたしだったか母だったかは定かでないが、

室井滋さんのエッセイを先生にプレゼントした。もちろん新しく本屋さんで買って。


先生はあの時どんな気持ちだったのだろう、あの頃のわたしの所業に少々引いてしまう。

いくらなんでも、お返しにソレはないだろう。


自分が良いと太鼓判を押せないと人にシェアできないところ、これは今でもそうなのだけれど、お土産やなんかのセンスは鍛えたいとも思っているんだけど、あの頃より随分と丸くはなった。少なくとも、そう自覚はしているつもりだ。



そもそもなぜエッセイが好きなのかというと、

その人の内側をなんとなく知れる気がする、

そこが大きな魅力なのだと思う。


わたしはお笑いが好きなのだけど、

正直ネタ番組よりも、彼・彼女らが出演する、バラエティーの方が好きだ。

ゴールデンではなくて、コアなやつね。


これもエッセイが好きな理由と通ずるところがある。

(もちろん、それでもお仕事としている以上、素ではないことは承知の上で。)


その人の本質、何を大切にしていて、どんな世界が広がっているのか。

頭を割って、心を割いて見ることができない分、言葉や表現で感じたいのだろう、わたしは。ほんの少しでいいから垣間見たい、みたいなところは常にある気がしている。


だからかな、その時だけ楽しけりゃいい、みたいな感覚は持ち合わせていない。

流されてしまえばいいのに、と思ったことも多々あるけれど、試そうとしても無理なタイプ、と今はわかっているから、交友関係はとても大切にしている。


あとさ、随筆。この言葉もかなりイケていないだろうか。いいよね、カッコいい。


だけどエッセイって、その人のことをもっと知りたい!と思ってもらえる人にしか許されない領域のようにも思う。


だからこそ有名な人の著書は売れるんだろうから。

ノンフィクションを知りたいと思ってもらえるってことは、それだけ魅力がないとね。



小学生の頃の話に戻るが、

確か将来の夢、小六バージョンは、

詩人、エッセイスト、絵本作家

みたいなことを思っていた気がする。


自己顕示欲の強い人間だったことを若干恥じてはいるが、書くこと自体は今でも好きだ。


なので今日から始めてみようと思う。


毎週水曜日、駄文をこねる。


なんてことないことを、自分の自由が与えられたこの場所で。

好きなようにやってみようと思う。



おもしろいとか、上手いとか、そういうことはさておき。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

半年前、半年後の自分を意識する"蝕"というタイミング

2024.3.25 16:01頃 天秤座で満月・半影月食でした。 日食月食というのは、古くから大きなポイントとして注目され、端的に表現すると、"エネルギーが強い新月と満月"ということ。 半年ごとに、日食・月食が起こりますので、占星術では半年クールで物事を捉えるのに適しています。 昨年10/15、天秤座の新月・金環日食の頃を思い出せるでしょうか? 昨日行ったインスタライブに際し、わたしも振り返ってみ

2023年の私の旅

私は、旅行が好き。 父が主に不在、という家庭だったので、家族旅行に行くような機会はそんなになかったのだけど、私は十分に大人になりました! 子どもの頃の分、色々と行けたらいいな!と思っています。 行きたいところリストもワクワクしながら増えて行っているところです! 移動手段の中では、特に飛行機が好き。 あっという間に遠くの場所に運んでくれるのだから! 飛行機が苦手という方もいらっしゃるけれど、個人的に

スーパーマンから考える「個性」

昨日私は、初めてDCコミックス映画を映画館で観ました。 っていうか、そういう系って知らずに観に行っちゃったんですが…(((恥))) 「アクアマン」を観たんですが、 なぜかというと、海王星マークがかなり目立っていたので、おお、観てみようか、勉強になるかもな、と思ってね。 アトランティスも気になるし。でも全く詳しくないです…(((恥part2))) ついでに言うと、今回がシリーズ第二弾だってことも知ら

コメント


bottom of page