水曜日は、駄文をこねる日。

昔から、エッセイが好きだった。


昔からっていつぐらいのことかというと、

多分小四くらい。

はじめてのそれは、登竜門であろう、

さくらももこさんのエッセイだったことを覚えている。


そして小五の頃、何故か室井滋さんのエッセイを読んでいた。


その夏、わたしは鼻の手術で1週間程度、いやもっと短い期間だった気もするが、とにかく入院し、手術を受けた。


担任の先生が、夏休みなのにも関わらず、入院の前日、クリーム色のクマのぬいぐるみを家まで来てプレゼントしてくれた。


お返しに何か贈ろう、と言ったのはわたしだったか母だったかは定かでないが、

室井滋さんのエッセイを先生にプレゼントした。もちろん新しく本屋さんで買って。


先生はあの時どんな気持ちだったのだろう、あの頃のわたしの所業に少々引いてしまう。

いくらなんでも、お返しにソレはないだろう。


自分が良いと太鼓判を押せないと人にシェアできないところ、これは今でもそうなのだけれど、お土産やなんかのセンスは鍛えたいとも思っているんだけど、あの頃より随分と丸くはなった。少なくとも、そう自覚はしているつもりだ。



そもそもなぜエッセイが好きなのかというと、

その人の内側をなんとなく知れる気がする、

そこが大きな魅力なのだと思う。


わたしはお笑いが好きなのだけど、

正直ネタ番組よりも、彼・彼女らが出演する、バラエティーの方が好きだ。

ゴールデンではなくて、コアなやつね。


これもエッセイが好きな理由と通ずるところがある。

(もちろん、それでもお仕事としている以上、素ではないことは承知の上で。)


その人の本質、何を大切にしていて、どんな世界が広がっているのか。

頭を割って、心を割いて見ることができない分、言葉や表現で感じたいのだろう、わたしは。ほんの少しでいいから垣間見たい、みたいなところは常にある気がしている。


だからかな、その時だけ楽しけりゃいい、みたいな感覚は持ち合わせていない。

流されてしまえばいいのに、と思ったことも多々あるけれど、試そうとしても無理なタイプ、と今はわかっているから、交友関係はとても大切にしている。


あとさ、随筆。この言葉もかなりイケていないだろうか。いいよね、カッコいい。


だけどエッセイって、その人のことをもっと知りたい!と思ってもらえる人にしか許されない領域のようにも思う。


だからこそ有名な人の著書は売れるんだろうから。

ノンフィクションを知りたいと思ってもらえるってことは、それだけ魅力がないとね。



小学生の頃の話に戻るが、

確か将来の夢、小六バージョンは、

詩人、エッセイスト、絵本作家

みたいなことを思っていた気がする。


自己顕示欲の強い人間だったことを若干恥じてはいるが、書くこと自体は今でも好きだ。


なので今日から始めてみようと思う。


毎週水曜日、駄文をこねる。


なんてことないことを、自分の自由が与えられたこの場所で。

好きなようにやってみようと思う。



おもしろいとか、上手いとか、そういうことはさておき。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

わたしはちっとも母らしくないのだけれど、 なぜだか子育てをさせてもらっている。 娘は昨年末に4歳になった。 転機だったな、と感じる時が、振り返るといくつかあるのだけれど、出産もそのひとつだなと感じている。 お仕事のことでモヤモヤが晴れなくて、どうにもこうにも煮え切らず、なぜだか頭を抱えていて、とにかく漠然としている、という、 霧の時期を迎えていた頃だった。 そろそろ自分としっかり向き合っていかなけ

自分というかな育て方 -奈良「くるみの木」店主の仕事と暮らしとこれからの話- / 石村由起子・著  読了。 実はこの本は夏にはとっくに読んでいて、 とっくにこのブログも書き終えていたのですが、投稿したつもりだったパターンで忘れていたもの、、、トホホ わたしだいぶうっかりが多いので、こういうことよくあります。 もういいかなぁ〜書いたんだいぶ前やしな〜お蔵入りでも。と思ってましたが、この本にすごくパワ

ほら、わたしっていわゆるスピリチュアルに片足突っ込んでる人じゃないですか? なんでだろなぁ〜と思ってたんです。 何を見出そうとしてるんだろうなぁって。 (あ、ホロスコープ的にみても、超そっち系っぽいのは否めません) 最近これかもな、という答えが出ました。 わたし、グダグダ愚痴とか言いたくないんですよ。そんなこと言ったって〜とか、しょせん〜とかすんごく気分悪くなるんですよね。 だったら、目に飛び込ん