top of page

K y u s u i という場所

更新日:2023年4月11日

占星術を学び始めたのは2020年の確か6月。

その後にカードに触れ始めました。


本当に、読んでも読んでも、読み切れていない。

そのくらいのレベルです。

でもチャートやカードの声を聞くのが本当に楽しい。

都度違う世界へ連れて行ってもらえることに、常にワクワクしていしまいます。


こんなペーペーのわたしが、この "K y u s u i" という場を設けるに至るまで、すごく悩みました。


楽しいだけで、人のあれこれに関わるのはやっぱり違うんじゃないかな

とか、

余計なお世話なんではないかな

とか、

そもそも1回のセッションで伝えられることなんか小指の先ほども無いし

とか、


数えだせばきりが無いのですが、でも、


いつかわたしは始めてしまいそうだな


そんなカンみたいなものは常にあって。


そして、それなら、どんな場所を設けたいのか、わたしのスタイルは?どうありたいのかな?そんなところを具体的に考えようと思って、やってみることにしました。


そして、このコンセプトが浮かんできました。


確かに、わたしは”読める人”であるけれど、マウントを取るような、立場を分けてしまうようなことはしたくないんです。


一緒に考えたい

先導したくないんです。


そういうキャラじゃないこともあるけど、鵜呑みにしても欲しくないというのかな。

矛盾していますよね。

だってある意味、未来予測的な側面があることを否定できないわけですから。



でもわたしは、占星術なんかなくても、カードを引かなくても、人生は送れると思っているから。

夢も希望も掴めると思うので。


だから、いいように使ってもらえればいいんじゃないかなぁと思うというのかな。

言われた通りにするのではなくて、選択肢を増やすツールにしてみたりとか、

”使う”と捉えること、特別なものと考えないことが大事なような気がしているんです。

あくまでも主役は私たちですから。


ちなみに、わたしは自分の出生図を気に入っています。

だから、当てにいきたい。当てるためにどうしたらいいかなあって思っています。

この景色、実際どうなのか見たいんですもの。


もちろん途中で、嫌になる時、ありますよ。むしろそういう時の方が多いかもしれません。


自分を鼓舞したい、はっぱをかけたい。

こんな時も使えます。

叱咤激励、いくらでもしてくれますから。


相棒、友達、師匠、いろんな顔をしている。


今日はどんな顔をしているのかな、案外予想とは違う一面を見せてくれますよ。


面白いんですよ、本当に。

信じるとか信じないとか、当たるとか当たらないとかではない魅力もありますし。


この熱量を、伝えられる場所が欲しかった。これは嘘ではありません。

本当に楽しみです!


文章がぐちゃぐちゃになっていますが、

わたしの大好きをまた一つシェアできる場所を作れたこと。


素直にこれからが楽しみだなぁと思っています!


いろんな話をしましょうね!お会いできるのを心の底から楽しみにしています!





閲覧数:163回0件のコメント

最新記事

すべて表示

半年前、半年後の自分を意識する"蝕"というタイミング

2024.3.25 16:01頃 天秤座で満月・半影月食でした。 日食月食というのは、古くから大きなポイントとして注目され、端的に表現すると、"エネルギーが強い新月と満月"ということ。 半年ごとに、日食・月食が起こりますので、占星術では半年クールで物事を捉えるのに適しています。 昨年10/15、天秤座の新月・金環日食の頃を思い出せるでしょうか? 昨日行ったインスタライブに際し、わたしも振り返ってみ

木星・牡牛座期の底力

2月は一つも記事を書くことなく過ごしてしまいました、、、 インスタグラムも、公式LINEも私なりには頑張りましたが、こちらまでの手が伸びず。 というのも、実はとても落ち込んでいたのです。 1月末から2月いっぱい、なんだか体調も悪く、 「私は貝なので、そっとしておいてください。触れないで!」モード全開でして。 私には時々あるのです。 あー、始まったな、という感じ。これでも昔よりずっと波は穏やかになっ

個展『 浮遊 』を経て思う、『 癒し 』とは。

10/1を持ちまして、今年最後の(予定)展示を無事終えることができました。 関わってくださった全ての方に、感謝申し上げます! ブログに写真を貼らない!と決めているので、 様子をご覧になりたい方は、是非ともインスタグラムからよろしくお願い致します。 atelierPIIKA Exhibition 浮 遊 - ふ ゆ う - __________ 浮かんで 揺れて 包み込まれて 漂いながら ただ、この

Comments


bottom of page