K y u s u i という場所

占星術を学び始めたのは2020年の確か6月。

その後にカードに触れ始めました。


本当に、読んでも読んでも、読み切れていない。

そのくらいのレベルです。

でもチャートやカードの声を聞くのが本当に楽しい。

都度違う世界へ連れて行ってもらえることに、常にワクワクしていしまいます。


こんなペーペーのわたしが、この "K y u s u i" という場を設けるに至るまで、すごく悩みました。


楽しいだけで、人のあれこれに関わるのはやっぱり違うんじゃないかな

とか、

余計なお世話なんではないかな

とか、

そもそも1回のセッションで伝えられることなんか小指の先ほども無いし

とか、


数えだせばきりが無いのですが、でも、


いつかわたしは始めてしまいそうだな


そんなカンみたいなものは常にあって。


そして、それなら、どんな場所を設けたいのか、わたしのスタイルは?どうありたいのかな?そんなところを具体的に考えようと思って、やってみることにしました。


そして、このコンセプトが浮かんできました。

https://www.atelierpiika.com/about-4


確かに、わたしは”読める人”であるけれど、マウントを取るような、立場を分けてしまうようなことはしたくないんです。


一緒に考えたい

先導したくないんです


そういうキャラじゃないこともあるけど、鵜呑みにしても欲しくないというのかな。

矛盾していますよね。

だってある意味、未来予測的な側面があることを否定できないわけですから。



でもわたしは、占星術なんかなくても、カードを引かなくても、人生は送れると思っているから。

夢も希望も掴めると思うので。


だから、いいように使ってもらえればいいんじゃないかなぁと思うというのかな。

言われた通りにするのではなくて、選択肢を増やすツールにしてみたりとか、

”使う”と捉えること、特別なものと考えないことが大事なような気がしているんです。

あくまでも主役は私たちですから。


ちなみに、わたしは自分の出生図を気に入っています。

だから、当てにいきたい。当てるためにどうしたらいいかなあって思っています。

この景色、実際どうなのか見たいんですもの。


もちろん途中で、嫌になる時、ありますよ。むしろそういう時の方が多いかもしれません。


こんな時も使えます。

叱咤激励、いくらでもしてくれますから。


相棒、友達、師匠、いろんな顔をしている。


今日はどんな顔をしているのかな、案外予想とは違う一面を見せてくれますよ。


面白いんですよ、本当に。

信じるとか信じないとか、当たるとか当たらないとかではない魅力もありますし。


この熱量を、伝えられる場所が欲しかった。これは嘘ではありません。

本当に楽しみです!


文章がぐちゃぐちゃになっていますが、

わたしの大好きをまた一つシェアできる場所を作れたこと。


素直にこれからが楽しみだなぁと思っています!


いろんな話をしましょうね!お会いできるのを心の底から楽しみにしています!





閲覧数:107回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年の結びのブログも書く気にならず、 年始の挨拶も同じく気が乗らずで、ようやくこれは残しておきたいということが出てきました。 明けすぎて おめでとうございます まずはわたし自身に!そしてみなさまへ! 今年もますますよろしくお願い致します^^ さて今日は、 最近ずっと思ってきたことを書きたいと思う。 西洋占星術という、占いであり、 また占いの枠を超え、心理カウンセリングの場でも使われるような側

(いつも題名があまりにもベーシック、且つ、古めかしい表現であることをお詫び申し上げます…汗) 2021/5/29〜6/6の9日間、佐世保市にあるセレクトショップ、toalu様にて初めての個展をさせていただきました。 昨年の予定だったのが、1年越しになり、 たっぷりたっぷり自分に向き合い、 今の一生懸命を出せたと思います。 色んな反省点はあれど、タラレバにならず、次に生かそう!と思えている自分が誇ら

西洋占星術ヲタであることは周知の事実であると思いますが、 どこに魅力を感じているかについて改めて。 わたしも、は?星座っていくつもあるの、え?ていうところから始まりましたし、 正直覚えられるなんて、1ミリも思ってませんでした。 マークを書きたいとか、宇宙とか、本当興味なかったしねー。 今もあんまり天体観測とかは、進んでやる気になはならんかな。。。 根っからの文系ですんで。 本当にねー、今の自分があ