2021年冬至図を読んでみた

占星術では、四季図と言って、春分図、夏至図、秋分図、冬至図は大切にされています。

四季のムードを読むためです。3ヶ月間どうするー?ていう感じでしょうか。


太陽が山羊座に入った瞬間のホロスコープが冬至図というわけです。


2021年12月22日 0:59


これが今年の冬至のお誕生日ですね。

さて読んでみましょう。



山羊座というと、支配星は土星、なので、冷やし固める、堅実性が特徴的。

本当にリーダーとしての素質抜群です!

だけど一方では、真面目すぎる、隙がない、自分に厳しい…なんていう面も、あったりなかったり…山羊座の皆様どうですか?


もちろん太陽の位置も大事ではあるのですが、占星術は全体を読んでいくものなので、まずバランスから見てみましょうか。


そうすると今年の冬至図は、下半分にぎゅっとしています。なおかつ4ハウス渋滞中です。


んー、これは、社会へ目を向けるよりも、まずは身の回りからということかなぁ〜

ということがまず見て取れます。


そして、ASC(アセンダント)これ非常に大事です!冬至図のお顔は何座かな?ということ。

そうして見てみたら、天秤座でした。

天秤座の守護星(ルーラー)は金星ですので、金星はどこか見てみる。


4ハウスに冥王星とセットで並んでいます。


端的になんですが、なんかね、見ればみるほどに、

"大掃除しなさいね"

"理想のホームパーティーが楽しめるくらい、素敵なお家を自分で作れるからね"

そんな声が聞こえてきそう、なんかそんな気がして仕方がないのですが。。。


自分の理想を具現化する、まずは身近なとこから始めてみよう。

そのために身近な人を頼ったり、うまくチームワークを組んでみるとか。


お母さん1人で大掃除するんじゃなくて、家族みんなでやってみよ!


そしてみーんなで綺麗になったね〜来年何したい?どこに行く?

とか楽しくテーブルを囲んでみてほしいなぁ。

わたしはそうしたいと思いました!


幸せな光景ですよね◎


一人暮らしの方だってそう、重い腰をあげて自分の本当に暮らしたい姿を思い浮かべたり、リサーチしてモデルケースを見つけてみてください。


そして着実にやっていきましょう!

いきなり一気にやる必要ないし、やらなくていいですから◎


一つ一つ自分の真の望みと向き合うと、ガラリと外への見え方が変わる、内から外だから、みたいなことなんだと思うんですよ。


でも重苦しくやる必要ないよ、楽しんでやろうね!という天秤座の優しさが沁みるじゃないですか〜くぅーーーー


大人になればなるほどに、外のことばかりが気になりますが、問題解決の糸口はどうやら自分の中にあるようです。

それに気づくために、まずは身の回りから。


家の中のことだけでなく、家族や身近な人たちとしっかり向き合うことでものすごく充電されそう。


そこからこれからにつながる良い話もできそうですよ。


ここから年末にかけてが勝負時。


木星が魚座に入る来年は、深い癒しがもたらされるとされる一方で、芯がぶれやすいという点も否めないかも、と個人的に思ったりしています。


その前の冬至にこんな図見せてくれるんだ〜!って私は1人で感動してしまいました。


自分を見失わないために、

わからなくならないように、

一回ここで見つめ直してみませんか?


私もこれを書きながら、耳が痛いですけどね。

大掃除〜もうやれそうにないから小掃除くらいでいいや〜と思ってたからね。。。


でもできるだけでいいよ、ピンポイントでここだけは!ていうところがあればそこだけでもいい◎


そんなふうに許してあげることもとっても大事です。


大好きなものを飾るための空間をぜひ整えましょうね◎

それは自分自身もそうですよ◎

マッサージに美容室、行きましょう行きましょう!ご褒美あげつつテンション爆上げで、ルンルンで年を越せる自分を想像しながらやると、

面倒事も少しは気楽にやれそうだしねー◎


そんなわけで、年の瀬の棚卸しにふさわしい冬至図でした。

春分までは是非この気持ちも忘れずに!私も時折読み返すようにしなくちゃ!



こんな風に、なるだけわかりやすいように説明できれば、というのがK y u s u iにかける思いでもあるのですが、正直一度ではアクをすくう程度しかお話できないです。

星の物語はすごく深いから〜

ですが、みなさんのキラキラを見せてもらえてすごくすごく幸せに思います。

本当に感謝しているんです!


ご予約ご検討中の方、是非お待ちしております。

棚卸し大事〜◎



閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

わたしはちっとも母らしくないのだけれど、 なぜだか子育てをさせてもらっている。 娘は昨年末に4歳になった。 転機だったな、と感じる時が、振り返るといくつかあるのだけれど、出産もそのひとつだなと感じている。 お仕事のことでモヤモヤが晴れなくて、どうにもこうにも煮え切らず、なぜだか頭を抱えていて、とにかく漠然としている、という、 霧の時期を迎えていた頃だった。 そろそろ自分としっかり向き合っていかなけ

2021年の結びのブログも書く気にならず、 年始の挨拶も同じく気が乗らずで、ようやくこれは残しておきたいということが出てきました。 明けすぎて おめでとうございます まずはわたし自身に!そしてみなさまへ! 今年もますますよろしくお願い致します^^ さて今日は、 最近ずっと思ってきたことを書きたいと思う。 西洋占星術という、占いであり、 また占いの枠を超え、心理カウンセリングの場でも使われるような側

自分というかな育て方 -奈良「くるみの木」店主の仕事と暮らしとこれからの話- / 石村由起子・著  読了。 実はこの本は夏にはとっくに読んでいて、 とっくにこのブログも書き終えていたのですが、投稿したつもりだったパターンで忘れていたもの、、、トホホ わたしだいぶうっかりが多いので、こういうことよくあります。 もういいかなぁ〜書いたんだいぶ前やしな〜お蔵入りでも。と思ってましたが、この本にすごくパワ