9月は整理整頓の1ヶ月に。

8月の初旬のことを思い出せない。

何していたんだっけ。


そしてわたしは今月何をしたんだろうか。


そんなことをここ最近思っていて、

こんなにも心をゆったりさせていたことは、今までなかったかもしれないなと感じている。


何もしていないことはないのだけれど、

todoリストをこなせていないのではないかという自分のだらしなさに、どうしようも無く罪悪感というか、落ち込んでしまうことが多かったんだけど、


そもそもそのリスト自体を疑ってみた。


そしたら、今、今日すべきことではないものも沢山あって、


あーわたしってば、誰でもないよくわからないヒトの目を気にして、こうでなければ、これができていなければと思ってきたんだなぁと。


いろんなものを削いでいき、今ここにフォーカス、て言われてもねぇ〜と思ってきたけど、やってみたら案外難しくなくなってきている。



もちろん現実を受け止めて落ち込むことはあるけれど、遠い理想や高すぎる自分像というのは要らない。

とりあえず、今のわたしには要らないみたい。


その代わりちょっと先のことだけに集中してみたら、来年のぼんやりした動き(理想)、そのために今年の残り何をやったら良いか、そこを埋めていくために9月からはやっていけばいいんだな!という具合に、すごく楽になった。


だけどここまでたどり着くのに随分と長くかかって、随分と苦手意識があったので、

難しいなと感じる人がいたら、大変気持ちがわかります。


わたしもちゃんとできてないけど、

そもそもできることに限りがありますから、優先順位決めていくところから始めましょう。



来年わたしは、ひとつまた挑戦をしたいと思っています。

そのための勉強や、下準備を今年中に。


無理のない目標にしてあるつもりなので、きっと叶えられるはず。

叶えた先のことはわからないけど、また次の目印に気づけると思う。


サインを見逃さないで。


自分が違うと思うことはやらない。

でもどうしても避けて通れないことかもしれない。とりあえず今はそうなのかも。


何でこうわたしは思うんだろう…


わたしは自分の感情やなんかを自分で読み解くクセがあるので、すぐ何でだろう…を考え始めてしまいます。


それを紙に書くことが、ジャーナリングっていう行為なんだということを最近知りました。


これもやっています。


でも頭で考えてる方が多いかな。


9月は自分との作戦会議に向いてるなぁと感じるので、自分を沢山見つめてみたい。


だけどほんとは誰かに手伝ってもらう方が早いから、プロの手を借りるのも手かもしれない。



心の前に身体なケアも大切。


そういう意味でも、メンテナンスをしっかりしてみてほしい。

とにかく自分を丸ごと整理整頓。

お部屋のお掃除もいいですね。


秋分を気持ちよく迎えるためにコツコツやりたいところ。


きっとまた秋が深くなったころ、いろんな風向きが変わっていると信じて。


ステイホームならではのこと、せっかくだからどっぷり浸かってみましょうよ。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

わたしはちっとも母らしくないのだけれど、 なぜだか子育てをさせてもらっている。 娘は昨年末に4歳になった。 転機だったな、と感じる時が、振り返るといくつかあるのだけれど、出産もそのひとつだなと感じている。 お仕事のことでモヤモヤが晴れなくて、どうにもこうにも煮え切らず、なぜだか頭を抱えていて、とにかく漠然としている、という、 霧の時期を迎えていた頃だった。 そろそろ自分としっかり向き合っていかなけ

自分というかな育て方 -奈良「くるみの木」店主の仕事と暮らしとこれからの話- / 石村由起子・著  読了。 実はこの本は夏にはとっくに読んでいて、 とっくにこのブログも書き終えていたのですが、投稿したつもりだったパターンで忘れていたもの、、、トホホ わたしだいぶうっかりが多いので、こういうことよくあります。 もういいかなぁ〜書いたんだいぶ前やしな〜お蔵入りでも。と思ってましたが、この本にすごくパワ

ほら、わたしっていわゆるスピリチュアルに片足突っ込んでる人じゃないですか? なんでだろなぁ〜と思ってたんです。 何を見出そうとしてるんだろうなぁって。 (あ、ホロスコープ的にみても、超そっち系っぽいのは否めません) 最近これかもな、という答えが出ました。 わたし、グダグダ愚痴とか言いたくないんですよ。そんなこと言ったって〜とか、しょせん〜とかすんごく気分悪くなるんですよね。 だったら、目に飛び込ん