top of page

牡羊座の満月の頃から

10/2 6:05 牡羊座の満月でしたね。いわゆる中秋の名月というやつ。


前までは、は?秋なのに牡羊座?は??と思っていましたが、

占星術の講座を受けるようになってから、月は2日毎くらいに移動しているという天文学の側面も兼ね備えている学問であった事を知り、納得できた。

牡羊座に月があるという事は、180度反対側の天秤座に太陽があるという事。


180度反対側って、やっぱり気になり合う存在なんですって。


円卓でも何気なく目に入るのって反対側の人でしょう?

そんな感じ。


今回は、どんどん突き進む系の牡羊座を、いやいやもっと周りに合わせようよと、バランス重視系の天秤座が牽制し合う配置。


想いは先に先に行っているのに、思うように動けず、もどかしいような気持ちがあった方もいるのかなぁ?

こういうフラストレーション後って、ほんと疲れちゃう。

モヤモヤしちゃうという事だからね。


私の場合はというと、

月星座が蟹座ということもあり、月の満ち欠けには割りに影響受けやすいです。

というのは、蟹座の守護天体(ルーラー)が月だから、もろに影響受けやすいよってことらしい。


今回の満月前、私の中で、大きな変容があり、デトックスが始まった。

でも、あまりにハイテンションすぎても良くないねっていうことに最近になって気付いたから、天秤座には感謝ですね。


自分が程よくご機嫌でいられることって、一番難しいけど、一番欲しい力。


私は心折れやすい性格をしているので、常に自分に戻れるよう、中庸は意識しながら生活してます。

でも、自分が成長すると、中庸も変わることがあって。

ほら、15センチ定規と30センチ定規の真ん中って違うでしょ?そういうこと。


何が何だかわからなくて、悩んだ夏を超えて、ふっと楽になれた今秋。

あ、私成長痛だったのかな、よかったーーーーーとホッとしました。


自分をより俯瞰して見られるようになったのは、星読みができるようになってきたことが大きい。

これも動機は、アロマテラピーに興味があって、好きなコーディネーターの方が行う講座だからって理由で参加したにすぎないんだけど、導かれてたのかなぁ〜

ま、もともと好きなんですけどね。占いの類は。


でも、いわゆる霊感的な力がなくとも、学べるってすごくないですか。

統計を取ったり、研究に研究を重ねていまに至るんですよ、占星術って。

古くからの叡智とそこしれぬロマンを感じる。それがホロスコープ。

変態の域だなぁとは思うけど、楽しくて仕方ない。


あとは、単に仕事と家事の間の趣味ができたのが嬉しい。

何者でもない私でいられる時間。サイコーです。


今後は星についても綴っていきます。

ここは好き勝手書くって決めてるし。笑

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

半年前、半年後の自分を意識する"蝕"というタイミング

2024.3.25 16:01頃 天秤座で満月・半影月食でした。 日食月食というのは、古くから大きなポイントとして注目され、端的に表現すると、"エネルギーが強い新月と満月"ということ。 半年ごとに、日食・月食が起こりますので、占星術では半年クールで物事を捉えるのに適しています。 昨年10/15、天秤座の新月・金環日食の頃を思い出せるでしょうか? 昨日行ったインスタライブに際し、わたしも振り返ってみ

木星・牡牛座期の底力

2月は一つも記事を書くことなく過ごしてしまいました、、、 インスタグラムも、公式LINEも私なりには頑張りましたが、こちらまでの手が伸びず。 というのも、実はとても落ち込んでいたのです。 1月末から2月いっぱい、なんだか体調も悪く、 「私は貝なので、そっとしておいてください。触れないで!」モード全開でして。 私には時々あるのです。 あー、始まったな、という感じ。これでも昔よりずっと波は穏やかになっ

天体の逆行期間って何?どんなことが起こる?

また更新が遠のいていましたね… その間に金星が逆行し、水星も逆行を始め、土星、天王星、海王星、冥王星も逆行しています。 そしてもうすぐ、金星とバトンタッチするように、木星も逆行期間に入ります。 そもそも天文学的に、宇宙の星々が逆に動くことはないんですが、占星術に用いるデータ上では "地球から見た星が、逆に動いているように見える"期間を逆行期間といいます。 難しいですよね。でもこれを文章で説明するの

Comments


bottom of page