本当に欲しいもの

今日夕方、小包が届いた。


中身はなんだかわかっていて、わたしが注文したカップ3つとソーサーにもなる小皿1枚。


東京のとある憧れのお店から、初めて購入したものだった。

(たまたま近くに行けても、定休日と重なってたりで、伺ったことがないんですよ、、、)


ちょっと前にそのお店でpop upをされていたと思うのだけど、gena kwanというブランドの器を中心に。


陶器なのにものすごく凛としていて、少し毒だけを感じる様が素晴らしく、久しぶりにときめいたんです!


今回ソーサーは色違いが売り切れていたので、追ってまた買い足そうと思う。



この器が似合う家にしたい。


そう思ったこともあり、今日は思い切り朝から模様替え。

家具の移動はできて、不要なものも出た。


度重なる引越しで、それでも手元に置いてきたけど、もう手放そうと思える、割りかし大きなもの。


捨てるのは得意、でも、綺麗に収納するのが苦手。


だから、置き場所の工夫、空間をうまく利用することを今回こそ徹底的にやってみようと思う。



心がざわつく中で、良い仕事ができるはずがない。


そうわかっていたのに、整えることを後回しにしすぎている自分が、なんだかとても嫌になったんです。



わたしのこんなところが嫌なんだよね。


に目を瞑らず、改善できるところは試してみる。


掃除はできるから、頑張ってみる。


目指せ突然の来客に対応できる家!


新しいカップで早速紅茶を飲む夜。


明日はこことあそこをやってみよう。

なんて、前向きに整理整頓のことを考えている自分に驚く。


だけどできる限りでいい。無理しないように。


苦手なことは少しずつ、整った部屋で秋を迎えよう。それくらいゆっくりでいいや。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

わたしはちっとも母らしくないのだけれど、 なぜだか子育てをさせてもらっている。 娘は昨年末に4歳になった。 転機だったな、と感じる時が、振り返るといくつかあるのだけれど、出産もそのひとつだなと感じている。 お仕事のことでモヤモヤが晴れなくて、どうにもこうにも煮え切らず、なぜだか頭を抱えていて、とにかく漠然としている、という、 霧の時期を迎えていた頃だった。 そろそろ自分としっかり向き合っていかなけ

自分というかな育て方 -奈良「くるみの木」店主の仕事と暮らしとこれからの話- / 石村由起子・著  読了。 実はこの本は夏にはとっくに読んでいて、 とっくにこのブログも書き終えていたのですが、投稿したつもりだったパターンで忘れていたもの、、、トホホ わたしだいぶうっかりが多いので、こういうことよくあります。 もういいかなぁ〜書いたんだいぶ前やしな〜お蔵入りでも。と思ってましたが、この本にすごくパワ

ほら、わたしっていわゆるスピリチュアルに片足突っ込んでる人じゃないですか? なんでだろなぁ〜と思ってたんです。 何を見出そうとしてるんだろうなぁって。 (あ、ホロスコープ的にみても、超そっち系っぽいのは否めません) 最近これかもな、という答えが出ました。 わたし、グダグダ愚痴とか言いたくないんですよ。そんなこと言ったって〜とか、しょせん〜とかすんごく気分悪くなるんですよね。 だったら、目に飛び込ん