top of page

問いを立て続ける

atelierPIIKA Exhibition

cocon

2023.4.1〜4.27

at bowl(佐賀県北松浦郡有田町)

4月末、約1ヶ月弱という、長めの会期の個展を無事に終えることができました。


もうね、こんなに心が揺れたことはなかった。

自分が情けないくらいに、現実をこれでもかというくらいに見せつけられました。

…と書けば、失敗したってこと?と思われてしまうかもしれませんが、そういうことではないんです。


そういうことでは決してなかった。


やってよかったとしか思っていませんもの。


ただ、小さくまとまっているのが明らかで、壁を越えないようにしている自分が情けなくて情けなくて。


ということはね、壁はいつでも立ちはだかってる訳ではなくて、自分がその壁の前にいることを選んでいるんだなと、はっとしましたね。


わたしは、ステイし続けることが得意ではないので、さっさと超えるために傷だらけになってみたいなと思いました。どうせ治るから。


こんな風に自分の心は渦巻いたましたが、展示の空間は本当に素晴らしかった。

生み出した作品たちはどれも優しく、もっと魅力を伝えなくては!と強く心に決めました。

わたしはあくまでも裏方でいい。

わたしは別にいいんです。でもこんなにも優しくて温かいんだから、届ける努力はもっとしたい。

ご縁をいただいたお客様の顔を見ていたら、わたしができることもっとやらなくっちゃ!と、そう自分を鼓舞することができました。


そういう意味でも進まなくてはならない。


そのためにやれることもたくさん見つかって、至らないことに落ち込んだけれど、まだ頑張れることがあるのは幸せなことだな、とも思えたんです。

心の底から。


悲喜交々、この言葉がよく似合う、笑って泣いてが比喩ではなくて、本気で自分と向き合えた機会を頂けたことに、心から感謝申し上げます。


またわたし、頑張れます!ありがとうございました!


__________


展示期間を経てひとつ、自分の癖の中で、これは長所かもしれない、と思えることを見つけました。


わたしは直ぐ、自分に、「なんで?」と尋ねる癖があります。


なんでそう感じたの?なんでそう思ったの?

なぜそれが欲しいの?なぜそうなりたいの?


こんな風にたくさんのなぜを突きつけるのは、大変かもしれないけど、自分で自分の心を探偵すると、発見がたくさんあるものです。


思わぬところに落とし所が見つかるものです。


今抱えている悩みの本質は、全く別の顔をしていることがとても多いのです。

必ず道は繋がっている、点と点は繋がるのです。

これは、占星術からもカードからも日々学んでいます。


わたしはこれからも問いを立て続けたい。


なんで、表現者になりたいのか。

そこから何を得たいのか、どうなりたいのか。


なんとなくから始まったatelierPIIKA ですが、なんとなくのままにしておかず、核を探していきたいと思います。本当は、目を逸らしていたいけど、ね。

だってわたし5ハウス魚座なんだよな…土星先生がこの答えを必ず連れてきてくれる。だから逃げずに向き合いたいですね。

(見識のある方ならば、なるほどね!となるはずです…苦笑)


背骨の通った、骨格のしっかりとした、不格好でもいいから、泥臭くてもいいから、カッコつけずにそのままを見せていきたい。


どうせ、変わるんですから。

ずっと同じではいられないからこそ、その過程を思い切り見てもらいたい。

そうして皆さまに育ててもらうのがatelierPIIKAなんだと思うから。


わたしひとりでは、ここまで頑張れませんでした。

本当にひとりでは無理でした。


逆に考えると、だからこそもっと頑張れる。

ひとりじゃないんだもの。


今ひととき、少しのんべんだらりとペースを落としながら、パワーを溜めて、来週くらいからまた走り出すことでしょう。


次は、7月。

福岡でお会いしましょう!


またお知らせさせていただきます!





閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

個展『 浮遊 』を経て思う、『 癒し 』とは。

10/1を持ちまして、今年最後の(予定)展示を無事終えることができました。 関わってくださった全ての方に、感謝申し上げます! ブログに写真を貼らない!と決めているので、 様子をご覧になりたい方は、是非ともインスタグラムからよろしくお願い致します。 atelierPIIKA Exhibition 浮 遊 - ふ ゆ う - __________ 浮かんで 揺れて 包み込まれて 漂いながら ただ、この

mimollet からの日々

いろんなことを咀嚼したり、 一旦ゼロに戻してみたり、 足したり、引いたりを意識してやらないと、どうしても次に向かえなくて。 そうこうしているうちに、もう次に走り出さないといけなくなってしまいました。 (次回展示 9月末から 爆) ____________________ mimollet 2023.7.15〜7.23 at OEUF.F (福岡市中央区警固) 上記の会期を終えることができました。

渇望することを赦す

2023年5月17日、拡大・発展の星、木星が牡牛座へと移りました。 さぁ、みなさん振り返ってください。 これまでの間に、何か始めたこと、始まってしまったことはありましたか?大小問わず、チャレンジできたことはなかったでしょうか? 木星が牡羊座にいたこれまでの時間はとても貴重でした。とにかく夢中で前に進むことが許されたから。一発で正解(だと思えるもの)を掴めなくても、とにかくもがいていることが良し!と

Commentaires


bottom of page