top of page

収穫までには時間がかかる

風の時代 という言葉が広まって3年くらい経ったでしょうか。


情報戦国時代、その激化は止まらず、加速するばかり。振り落とされないように必死にしがみつく、しがみつかないといけないんじゃないかな、という水流が人々の心に流れ込んでいる、そんな気がします。


もちろん恩恵はたくさん受けています。上手く付き合うことさえできれば、いろんなことがどんどん楽しくなるし、生活が豊かにもなります。

無しでは生きていけない、ガラケーだって生産終了になるまで、あと数年ですから。


だからこそ何となく、今私はどこにいて、何をしてるんだろう、何をしていきたいんだっけ、確認が時々必要な気がしています。

どの風に乗るか、読まなければならない。

そのためにはちょっと立ち止まらなくては。


ただ、立ち止まる勇気は一大決心だったりもするわけで。


人の本質は中身、だからといって、見てくれを雑に扱うのも違う。

やっぱり清潔にしておくとか、少しでも良く見せる努力をしていた方が、周りからの反応も違うものです。

そして何より、劇的ビフォーアフターを体験すると、自分自身がマジックにかかるから、良くしていたい!と思うものですよね。褒められることも、素敵になるのも、単純にうれしいですもの!

やはり本質を見てもらうためには、見たくなるな、と思ってもらえるような工夫が必要。

これがSNS、特にInstagramの仕組みにつながっている気もします。


でもここで、うーん、とうなってしまうのも事実。

豊かさに直結していたはずなのに、

目の前のブルーライトに苦しめられている感覚。


簡単、たのしい!だったのが、とても難しく、重く感じたり…


A面の輝きは、B面の根の強さと比例するのかも、と最近思うのです。


SNSの本質は、「わたしはここにいるよ」を知らせること。それをわかりやすく、美しく、個性的に、発信していくことを、何より楽しまなければいけない。

そのためには、自分への信頼が厚くなければ。


これは自己肯定感を高く、ということではなくて、たぶん、これをやってる自分が好きか、嘘ではないか、ということだけでいいのかな、と思います。


なぜ今日、こんなことをつらつらと、枝葉をつけながら、遠回りに書いているかというと、

もう最近、何を投稿したらいいの?状態だったりしているから。


水星の逆行が呼んでいる状態なら、待てば済む。

18日の夜から順行に戻りますからね。


私の太陽、双子座のルーラーである水星。

いつもなんだかんだ、フラストレーションを抱えがちな逆行期間を過ごしている気がします。


でも今回は振り返りというギフトを存分に味わえている気もしていて、だからこそ、こうして頭の整理もできたり。


基本的に、私は、隠れていたい。

でも、ここにいるよ、と、叫びもしたい。

自分の中の大いなる矛盾を常に感じていますが、きっとみんな一緒でしょう?

同じでなくたって、大いなる矛盾を感じているはずです。


人は多面的で、一筋縄ではいかない。


全面的に仲間だとは言い難い星々が手を取り、わたしたちが生まれてきた。

その青写真であるネイタルホロスコープを見ていたら、みんな内側で戦っているのがすごくわかります。


年末年始の膿出しのような期間を経て、少しずつ今年のギアが入ってきた頃ではないでしょうか。


スピード感を肌で感じて、またちょっと焦りを感じたりしている方もいるかもしれない。


溜めずに是非とも出してくださいね。


・書く

・話す

これは基本ですから、インプットだけでなくアウトプットの中で自分を発見できたらいいですね。


こんなふうに迷走している人もいるわけですから、きっと大丈夫!

わからないときはわからないままで置いておいたりしたら、どこかで伏線が回収されていくと思う。


だからとりあえず、わたしは今日、取り留めもなければ、スッキリもしない、脱線だらけのブログを書いてみた。


だけど不思議と何にも恥ずかしくはない。

丸っきりこれが嘘ではない気持ちだから、かな?


哲学的なことは相変わらず考え続けていますが、

自分のことを焦ることは、そういえば少なくなってきました。

いや、時々は待てなくなるけれど。


待てば海路の日和あり、果報は寝て待て。


多分今はそんな心境。




閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

お天気が悪いここ数日、身体にどっときている感がある方もいらっしゃるのではないでしょうか? わたしも昨日今日と、ガス欠気味です。。。 お天気になんかに左右されない自分でいたいのに、なんでわたしはすぐダウンしてしまうんだろう…というのが本当にずっと悩みで。 というか、わたしはすごく身体に出やすいので、お天気に関係なく、嫌になるくらいに繊細なところがあります。見た目と裏腹に… 漢方医の先生にお世話になり

いつもいつも精神論的なことしか書けなくて、わたし自身ちょっとうんざりしている。 うんざりはしているけれど、出さない方が不健康、ということを痛感したので、もう出していきますね。 嫌だなって人は、ここでさよならしてね〜 また気が向いたら遊びに来て欲しいです◎ 私は子どもの頃から、意識レベルみたいなものがあまり変わらない気がしている。 周りと足並みがそろわなくて、個性を出すと痛い目を見る。なぜここにいる

昨年は燃え尽き症候群になってしまって、わたしの2022年の漢字は「疲」だったと思う。 大充実の1年だったことは間違いないけれど、完全にペース配分を間違えたし、立ち止まることができなかった。だからこそ、自分と向き合えて、とてもよかったとも思っている。 これも今となっては、なんだが、渦中の時は、とにかく、全て投げ出したかった。 とにかく一人になりたかったし、許されるならば、失踪したかった。 でも、許さ

bottom of page