初日の、その前に。

毎週水曜に更新、という条件を自分につけたわけだけど、書きたいなという気持ちは、沸いた瞬間を捕まえた方が良い気がするので、下書きに書き溜めることにした。


今は7/24 10:26、個展の初日です。

お昼頃から展示場所のお店へ向かう予定だけれど、家にいたら、遅れてやってきたくせに、やけに駆け足の緊張に潰されそうだったので、早々に家を出ることにしたというわけです。


こういうときは本を読むに限る。

脳内を逃避させたいときはこれだと思っている。


先日購入した、

ナナメの夕暮れ 著・若林正恭

を読み進めていると、どうにもこうにも涙が出そうになった章があった。


まえだけん


あぁ、そういえばこの方亡くなったよな。

特にファンだとかそういうことではなかったけれど、やけに寂しい気持ちになったことを思い出した。

著者特有の奥に秘めた熱が、この時ばかりはなだれ込んできて、強い言葉なんてひとつもないのに、琴線に触れてくる。



ごめんやけど、今日こんなところで泣いている場合ではない。

半分の自分がドン引きである。

いや、本当にやめてほしい。



今日は満月ということもあり、揺さぶられているのかもしれない。

月は無意識を突いてくるから。


あと、わたしの芸術活動の端を発しているのは、紛れもなくこの月の部分だから、結局緊張していて、心の海大荒れ、大潮なんだろう。


とんだデリケート野郎だ。



読み進めるよりも先に、文章を書いた方が落ち着きそう、そういうこともあって、今これを書いています。


書いていると言っても出先だから、右手人差し指一本しか使ってないんだけど。


ここまで書くのに10分かかってるよ。


ようやく凪になってきたかな。


よし、また読みます。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

わたしはちっとも母らしくないのだけれど、 なぜだか子育てをさせてもらっている。 娘は昨年末に4歳になった。 転機だったな、と感じる時が、振り返るといくつかあるのだけれど、出産もそのひとつだなと感じている。 お仕事のことでモヤモヤが晴れなくて、どうにもこうにも煮え切らず、なぜだか頭を抱えていて、とにかく漠然としている、という、 霧の時期を迎えていた頃だった。 そろそろ自分としっかり向き合っていかなけ

自分というかな育て方 -奈良「くるみの木」店主の仕事と暮らしとこれからの話- / 石村由起子・著  読了。 実はこの本は夏にはとっくに読んでいて、 とっくにこのブログも書き終えていたのですが、投稿したつもりだったパターンで忘れていたもの、、、トホホ わたしだいぶうっかりが多いので、こういうことよくあります。 もういいかなぁ〜書いたんだいぶ前やしな〜お蔵入りでも。と思ってましたが、この本にすごくパワ

ほら、わたしっていわゆるスピリチュアルに片足突っ込んでる人じゃないですか? なんでだろなぁ〜と思ってたんです。 何を見出そうとしてるんだろうなぁって。 (あ、ホロスコープ的にみても、超そっち系っぽいのは否めません) 最近これかもな、という答えが出ました。 わたし、グダグダ愚痴とか言いたくないんですよ。そんなこと言ったって〜とか、しょせん〜とかすんごく気分悪くなるんですよね。 だったら、目に飛び込ん