top of page

働き方改革を個人レベルで

このタイトルを考えたのは今日の昼ごろで、まとまらなかったので少し置いておいたのですが、

そういえば、緊急事態宣言が出てしまいましたね。


ここ長崎でも、感染者数が急増中。爆発的です!

十分に気をつけて、そしてぽっかりできた時間を、できるだけ自分のために使いたいところ。


今日のブログも、実はサイコロを振って、テーマを決めました。

6ハウス 木星 天秤座 とのことでした。


6ハウスといえば、真っ先に思い浮かぶのは、源泉徴収のある仕事に関することと、

健康のことかなぁ。

天秤座といえば、広く浅く、バランスが良い。軽やかで、流行先取り的な星座。

♪なんとかなるさ〜心配ないさ〜♪

言ってくれそうです。笑

木星も、楽観的で、自由。長所とか、いい面を象徴していたり。甘やかしてくれるような星かなぁ。拡大、発展はいい意味でも悪い意味でもね、というところでしょうか。


そんなこんなはあるけど、私は出た目をパッと見たときに、

働き方に新しい風吹く感じするのが出たなぁと思いました。

なので、巷で言うところの、働き方改革という言葉拝借した次第です。


でも働き方を改革すべきは、勤務先や国からのお達しに従うのではなくて、

自分自身で舵を切って行くことかと。


世の中が慌ただしくなって1年経ちましたが、もう多くの人が薄々気づき始めたのではと思うのですよ。


あれ?自分でいろんなこと決めていかなくちゃいけないんじゃね?


緊急事態宣言は現在のところ、1都3県に留まっていますが、これから拡大する可能性もありますし、勤務先独自でリモートワークを継続して行くことを決めたところも多いですよね。

そうでなくても、意気揚々と外出することが憚られる状況ですから、

必然的に在宅の時間が増え、自分自身と対峙する時間が増えるわけですよね。


自分の未来について、考えなかった人がいるでしょうか。


圧倒的に考えた方に票が集まると思います。


働き方改革を持ち出しましたが、

要は、

仕事をどんなモチベーションで取り組むか、

人生について考えたとき、仕事にどんな意味合いを求めるか、

仕事とどういう風に向き合い、付き合って行くか。


仕事や会社を変われというのではありません。

むしろ、変えずとも、自分のスタンスや考え方は変えられるんじゃないかな、

そこのところを一度考えてみてはどうだろう、と思うのです。


って、私が私に問い続けていることでもあるんですよね。


さぁ、これから私は社会にどう自分のあり方を打ち出していこうか。

どんな風に働きたいか。


私は個人事業主。

良くも悪くも、軌道修正は自分でいつでもできます。

これって辛くもあるんですよね。救われることももちろんあるけど。


社会に打って出てやるんだ!なんてたいそうなことは1ミリも思っていないのですが、

は?あんた、一人で仕事してるんだから、世の中の人に知ってもらわずして、どうしていこうっていうのよ。という相反する感情が入り乱れております。

だから精一杯やってきたつもりですが、なんか方向性違ってないかなぁ。。。

私どんな風に働きたいんだろうか。。。

そう思ったときに、一番には、

やりたいことを存分にやって行きたい。好きなことをとことんやる人でありたい。

これだけでした。


仕事のことちゃうやんけ。

そうなんですよね、でも、まず、仕事の捉え方を私は間違えていたというか、付き合い方が間違っていたというか。


仕事とは、ある程度苦痛なもので、それを超えて喜びがある。

人生もこれに同じ。

そんな風に思っていました。


あれ?自分で自分の首締めてないか?

自問自答を昨年繰り返し、追い込みグセがあることに気づき、まずこれをやめました。

やめましたというか、やめようと試みています。


なので、今はとにかく自分の心が動くことを一生懸命にやっています。

作りたいものを作る、作りたくないものは作らない。

余裕を持って仕事をしたいので、健康を大切にする。

心に、時間に、余裕のある生活を心がける。


最初は自分を甘やかしているようで、罪悪感もありましたが、

まず最初に、ストイックなのが必ずしもいいとは限らないことを知りました。

針を持つ時間が少なくなっても、その時間を心から楽しめ、充実感を自分に与えることができています。

結果、作品への思いが深まり、お客様にも伝わっていると実感しています。


軌道修正をし始めてまだまだ日が浅い、私の働き方改革。


仕事は楽しいばかりではないでしょう。でも、やってよかったー!と思うこと以外はしないでいたい。

それは巡り巡って、自分を大切にすることに通じると信じたいから。


自分が成長できる経験を自分に与えるためには、休ませることも必要。

人もパソコンやスマホとおなじで、開きすぎたらバグるからね。電池食うだけとかさ。重くなって動きが遅くもなるでしょう。この状態は避けたいじゃないですか、誰だって。


私は今バランスを図っています。

自分を追い込むことが正しいのだと思っていたので、戸惑いもありますが、

手放した先の今、非常に生きやすくなったな〜という自分の本音をきちんと聞けています。


頑張りたいときに頑張れるよう、頑張るべきときに頑張れるよう、

自分がなりたい自分であれるよう、どうか自分を大切に。

自分を第一に。


以前の私みたいな人が本当に少なくなってほしい。

やりすぎは美徳ではない、耐え抜くことが必ずしも正しいとは限らない。

現実的に甘い話をしているのかもしれません。だけど、どんな仕事をしていたって、

基盤はたった一人のあなただから。あなたが一番大事なんです。


それを私は自分の仕事に乗せて伝えていきたいです。

どうしていけばいいのかな。それはこれから自分との会議です。


さぁ、どうして行く?どうしていきたい?私は。



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

荒削りの冒険者であるために

太陽星座を知らない人はおそらく居ないと思います。 あなたが雑誌の裏や、朝のニュースでつい見ちゃう、 それのこと。 『各天体、感受点の要素は獲得していくものである』 だから、星詠みをしてもらって、 「あ〜わかる、当たってる!」 のその先を自分で開拓していく必要があるんですよね。 だから、わたしのセッションは、当たるよりもその先に焦点を置いています。 各天体が発達しやすい年齢があります。 太陽が発達し

半年前、半年後の自分を意識する"蝕"というタイミング

2024.3.25 16:01頃 天秤座で満月・半影月食でした。 日食月食というのは、古くから大きなポイントとして注目され、端的に表現すると、"エネルギーが強い新月と満月"ということ。 半年ごとに、日食・月食が起こりますので、占星術では半年クールで物事を捉えるのに適しています。 昨年10/15、天秤座の新月・金環日食の頃を思い出せるでしょうか? 昨日行ったインスタライブに際し、わたしも振り返ってみ

木星・牡牛座期の底力

2月は一つも記事を書くことなく過ごしてしまいました、、、 インスタグラムも、公式LINEも私なりには頑張りましたが、こちらまでの手が伸びず。 というのも、実はとても落ち込んでいたのです。 1月末から2月いっぱい、なんだか体調も悪く、 「私は貝なので、そっとしておいてください。触れないで!」モード全開でして。 私には時々あるのです。 あー、始まったな、という感じ。これでも昔よりずっと波は穏やかになっ

Comments


bottom of page