ナナメの夕暮れ 読了。

更新日:2021年8月14日

ナナメの夕暮れ/著・若林正恭

読了。

昔っからエッセイを好んで読んでいる。

星の先生から、

"蟹はエッセイ好き多いよ〜"

と教えてもらって腑に落ちた。

小学5年で室井滋のそれを読み、

(その頃共感してくれる友人は皆無)

エッセイスト、詩人

がその頃の密やかな夢だった。


心に触れたい、触れてもらいたい

ありのままの部分を知りたい。

知ってもらいたい。

みたいなところにエッセイはドンピシャなのだろう。

(わたしは蟹座ステリウム、しかもトリプルコンジャンクションてやつで、水星、火星、月が並んでいます。)

憧れが募り、今年はブログもたくさん書こう、

なるだけ書こうと思っていて、少しずつ書き溜めているところ。

てっきり、自己顕示欲を示したいのかな、

MC獅子の仕業なのかと思ってたけど、

ただただ書いてほっとしたいのかも、と書き換えられて、少し安堵。

(もちろん獅子の仕業もなくはないんだろう)

それでも、蟹の長所であり短所の、

"共感性"が問題だ。

好きでやってりゃいいものを、わかってほしいという欲が出てくる。

蟹がいつも私の悩みの根源なんだよなぁ〜

(お隣の双子の暴走をくよくよ悩みすぎるのもここだし…)

ただ昔と違って、うまく泣けるようになったことは確か。蟹にとっての涙の意味を理解できるようになったのかも、と思っている。

"蟹座の人は泣くことがリフレッシュになる"という教え、初めは嫌悪感すらあったから。

心に沿うと、自分のいいところもダメなところも浮かび上がってくるから、時々心底嫌になるけど、"何者なのかわからない"感じはない。

だから何だって学びで、経験を買わせてもらっていると思えるようになってきた。

この本は、わたしが何となく、詰まりが取れたような感覚を、要するにこう、と言葉にしてくれているような一冊だった。

だからこそズキズキとしたのかもしれない。

もう、泣きそうだったもの。

誰にでも受け入れられるような本ではないのかもしれない。

それでもいい、と筆を持ち続けた筆者の人間らしさがとても好きだなと思った。

わたしは一皮剥けば、湿度85%の人間。

そんなわたしがどうにか生きてこられているのは、あーわかるよ〜とか、ダメダメだけど、そこも含めてなんか好きだとか、そんな風に思ってくれている身近な人たちがいてこそだ。

人は鏡だというならば、

著者=わたし ということなのだろう。

だからこそ、グッときてしまったのかな。

本にもあった。

上にあげたような"合う人との縁を大切にすること"もうそれだけでいいんじゃないかってこと。

わたしは今まで全方位に何となくよく思われとこう、とりあえず、そこそこのラインで、深く付き合わないことを選んでいたから、コレジャナイ感が強かった。

うまくヘラヘラすることも得意だし。

そういうのをやめたら途端に楽になった。

その分、自分で勝負するからこその色々はある。

"合う人に会うこと"と

"合わない人に会わなくても済む"

ことは相当タフでないといけない気が、わたしもしている。

だけど、こっちの方が心地よいんだから、こんなわたしでもがんばれそうだ。

(あとがきより引用)

わたしもそう思ったよ、若林氏、足りなくてもいいよね!

足りない自分を探すというより、もう見つかったから、歪さを慈しみ育てるしか道はないと思っている。

それでいい。完璧でない自分に、存分に喜び存分に泣こう。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

わたしはちっとも母らしくないのだけれど、 なぜだか子育てをさせてもらっている。 娘は昨年末に4歳になった。 転機だったな、と感じる時が、振り返るといくつかあるのだけれど、出産もそのひとつだなと感じている。 お仕事のことでモヤモヤが晴れなくて、どうにもこうにも煮え切らず、なぜだか頭を抱えていて、とにかく漠然としている、という、 霧の時期を迎えていた頃だった。 そろそろ自分としっかり向き合っていかなけ

自分というかな育て方 -奈良「くるみの木」店主の仕事と暮らしとこれからの話- / 石村由起子・著  読了。 実はこの本は夏にはとっくに読んでいて、 とっくにこのブログも書き終えていたのですが、投稿したつもりだったパターンで忘れていたもの、、、トホホ わたしだいぶうっかりが多いので、こういうことよくあります。 もういいかなぁ〜書いたんだいぶ前やしな〜お蔵入りでも。と思ってましたが、この本にすごくパワ

ほら、わたしっていわゆるスピリチュアルに片足突っ込んでる人じゃないですか? なんでだろなぁ〜と思ってたんです。 何を見出そうとしてるんだろうなぁって。 (あ、ホロスコープ的にみても、超そっち系っぽいのは否めません) 最近これかもな、という答えが出ました。 わたし、グダグダ愚痴とか言いたくないんですよ。そんなこと言ったって〜とか、しょせん〜とかすんごく気分悪くなるんですよね。 だったら、目に飛び込ん