top of page

ダイエットは1日にしてならず。

ホットヨガを始めて3ヶ月目に入った。


まさかわたしがコツコツ頑張れるなんて!

と思っている反面、


いや別に頑張ってないしなぁ〜楽しいことしてるだけだし〜


なんて気持ちの方が上回っている。



実はヨガに対してはいいイメージを持っていなかった。


”イケ女がやるもんだから、あれは”


と決めつけていた。失礼な話だよねぇ〜思い込みとか決めつけって本当良くない、頑固か!

(一つまた丸くなれてよかった。。。ほっ)


そもそもなぜ始めたかというと、ジーンズのボタンを閉められなくなった事件が、忘れもしません、9月29日に起こったからです。

しおやジーンズの変ということにしましょう。(何それ)


この夏、通いやすい場所にホットヨガスタジオがオープン。

しかし時は新型ウィルス侵略の真っ只中。

入会するか迷う理由がまた一つ増えたわけですよ。


イケ女の中に入るのしんどいし、換気どうなってんのよっていうね。


でも、ジーンズの変が引き金となり、翌日の体験入会にソッコー申し込みました。

恥は掻き捨て。ここ!と思ったら飛び込んでみるタイプなもので!


わたしは自学とか、自宅でのトレーニングとか、あまり続きません。

場所を移したり、時間割が決めてあったり、宿題が出たりした方がやれるタイプ。

(なので、コロナ太り、まーしたよね。苦笑)


こんな感じで、後ろ向きな気持ちが半分以上占めた状態で通い出したわけだけど、すぐに考えが変わりましたね。

まず、当たり前だけど、どんな人がやってもいいものだし、周りの人すごく素敵なんですよ〜年配の方もすごく頑張ってて、勇気もらうんですよね。

あと換気は先生がちゃんとやってくれるし、感染対策はしてくれるから。まぁ大丈夫よね。

当然のことながら、頭で考えてるだけじゃいかんてことです。


また、2、3回目で、こんな気持ちが湧いてきました。

”わたしってこんなにストレス溜まってたんだ!”


ストレス耐性がないわりに、自覚するまでにすごく時間がかかる、アンテナぶっ壊れてるタイプだったので、自分を労るとか全くできてませんでした。

基本的にのんびりしてるし、好きなことしかしてないんだからさ、と思ってたけど、できてないことに気づいたんですよね。


わたし自分を褒めてなかったなって。

もっと大事に扱わないと、かわいそうだよなって。


運動は自分を傷めつけている行為ではなくて、健康という土台を作るためのものだから、自分を第一に大事にする行為なんだなって、今になって理解しました。

それに、学生時代、部活が大好きとは言えないのに、辞める勇気もなく続けていたものだから、運動が楽しい!なんて気持ちになったのも嬉しいです!

ていうか、走るとかじゃなくて、こっちの方がわたしのスタイルに合ってる。

(陸上部だったものでね。)

合うものを見つけられてよかったなぁ〜。


せっかく健康に目を向け始めたんだから、食べ物も気をつけたくなる。

ストレスが溜まりにくくなるから、心に余裕ができる。

過食しない。夜も眠れる。家族にも優しくできるし、仕事の時間も大充実。


い・い・こ・と・づ・く・し!!!


ダイエットのため、と思っていましたが、今では痩せるとか二の次でいいから、とにかく心地よいから続けたい。好きだから行く。それだけになりました。


食べ物も好きなものをほどほどにいただくようになったから、自然と痩せてきたし、

常に頭がクリアな状態に近いもんだから、思考過多体質から脱却できてきました。


ダイエットも、思考のもつれの紐解きも、1日にしてならずです。

わたしもまだ道半ばです!


前はすぐに結果が出ないと、焦ったり、投げ出したりしていましたが、

運動を取り入れてから、身・頭・心のバランスが整った心地よさを体感できてきたので、そういうものもだいぶ手放せてきたように思います。


わたしみたいに、ジトッと落ち込みやすかったり、そういう時には家から出たくなくなったり、そういう方にこそ、えい!と何か始めてみてほしい。


できたら、散歩とかではなくて、通う方がいいと思います。

なぜかというと、散歩が習慣という人は、すでに結構バランスがいい人だから。


苦しい時は本当に玄関のドアを開けることすら億劫ですから、目的地があって、先生に会ったりする方がいいのではと思います。


あと、友達と通わない、家族と通わない。

一人でやること。

自分のために時間を贅沢に使うことを許せると思います。

幸せな気持ちを満タンにすると、きっと心が開いていくに違いないから◎


わたしが保証します、大丈夫だから◎

最初は辛いこともあるかもしれないけど、いつかは絆創膏も剥がさなくちゃ。

辛さは好転反応かもしれないよ^^



もうすぐ2020年が終わります。

わたしはバランスの良い身体と心と思考をやっと感じられるようになって、心底幸せです。


自分を大切に、来年はますます邁進します。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

わたしの 今年 が始まった

"本業って何?" "わたしの職業って?わかりやすく言うと?" 最近ますます わたしの中で膨らんできた、この自問自答。 第三者にわたしという人をどう伝えたらいいのかも悩む。 それを世間的には肩書きと言うのだろう。 よく わからない… ただ、 つくるひと だけだった頃よりも、 つくる よむ はなす かく と色んな要素をうまくリンクできるようになってきた今の方がずっと過ごしやすい。 だが、 過ごしやすい

今年はお財布を新調したい。

最近気付いたのだけど、わたしは小物選びが得意でない。 というか、バッグとかもシンプルなものよりデザイン性のあるものが好きだし、 自分では自覚がないが、少しばかり個性的なのだと思う。 本当に無自覚なんですが、自分なりの審美眼があるのは確か。 これは誰が見てもおしゃれなものを、ていうわけではなくて、自分の基準でねってこと。 美的センスや趣味などを司る金星が、自分なりの質の良さを求める牡牛座だからかも。

ヘルスケアってほんと大事

20代の頃はあり得なかったくらいに、健康に関する話題が上がるようになった。 美容ではない、健康である。 それなりに、順調に、年齢を重ねてきたのだなと感じるこの頃です。 そんな33歳、今年34歳になります。 私は以前も書かせていただいた通り、昨秋からホットヨガに通っており、身体的な辛さがぐんと減った。本当に楽になりました。 そんな姿を見てか、なんと夫も自宅でヨガを始めました。 正真正銘のおっさんずヨ

Comments


bottom of page