top of page

スーパーマンから考える「個性」

昨日私は、初めてDCコミックス映画を映画館で観ました。

っていうか、そういう系って知らずに観に行っちゃったんですが…(((恥)))


「アクアマン」を観たんですが、

なぜかというと、海王星マークがかなり目立っていたので、おお、観てみようか、勉強になるかもな、と思ってね。

アトランティスも気になるし。でも全く詳しくないです…(((恥part2)))


ついでに言うと、今回がシリーズ第二弾だってことも知らず、

帰宅後に第一弾を自宅で鑑賞しました。


色々行き当たりばったりで観ちゃったんだけど、

こんなこと普段はないんです。リサーチ好きなので。

でも、こういう何となくを捉えていくと、人生の枝葉が広がる気がするので近年はたまに採用しています。


知らない土地をぶらぶら歩いてみて、よくわからない喫茶店に入ってみるとかね。

すると、後で、友人が紹介してくれていたお店だった!とかあるわけですよ。

だから自分の声を聞いてみて動いてみること、結果を感じることは大事です。新発売のおやつを買ってみるのだっていい、やってみて!


で、なんだけど、スーパーヒーローって生きにくいな、と思ったんです。

アクアマンもそうだし、スーパーマンのクラーク・ケントなんて最たる存在ではないでしょうか。


卓越した個性を隠さねばならい、でないと生きにくいから。


そして大体、個性的だと言われる人たちは、傷ついています。

その傷のせいで悲観したり、人から「変」だと思われたりすることもあったでしょう。そして何より、親に、「普通」を押し付けられる、ってことは辛いものです。


だけど、親はいつでも、子に抜きん出た特別な存在になってほしい!と願っているし、あなたらしく生きなさい、という思いはあるはずです。

だけど、学校や友人関係は波風が立たないことを同時に願っている。

そういう「普通」からはズレてほしくないんですよね。

すごくわかる。だって傷つかなくて済むもの。


ただ誰でも、おかしいかもしれないと思うほどに、抜きん出た才能を持っているものです。

誰だってです。

それを、隠そうとしなければいいだけ。


でも、隠したくなってしまいます。

傷つくのが怖いからです。

自分に対する批判を浴びたくないからですよね。


異端者になることは、苦しみがつきまとう。

実際スーパーマンは苦しみから始まる物語です。

でも徐々に、その異端なところを受け入れて、特別なヒーローになっていく。

震えるほどかっこいい!皆の憧れ!

なのに、「なりたくない」と思うのはなぜでしょうね?


人は群れたいのです。

同じでいたい。

変化を切望しながら、変化したくないのです。

変化すると、傷つく「だろう」と思っているから。


でも、実際同じではないです。誰一人として同じではあり得ない。


ということは、何を自分にしてあげるべきか。

まずは、あなたが輝けそうな場所に連れて行ってあげること。

環境を変えることは、自分に贈ってあげられるギフトです。


あなたが輝いて能力を発揮する事を「使命」といいます。

「そこで報酬を得るためにすること」ではないはずです。


冥王星の水瓶座入りと共に、世の中に個性が乱立してくるでしょう。

「色々あっていいんだな」

と思うと、人は安心して、自分を曝け出す事ができます。

だからきっと、この記事もすぐに古めかしいものになるでしょうね。

「当然のこといちいち言ってる、暑苦しい人」という烙印を押されると思う。


それでも、今はその前段階。だからあえてスーパーヒーローを引き合いに出してでも書いておこうと思いました。

なぜなら、その流れが来る前から仕込んでおかないと間に合わないから。

あなたが望む「ブレイク」は遅れるか、そもそも乗り遅れるかもしれない。

「あの時やっておけば」なんて後悔はしてほしくないのです。

私自身を含めて。


風の時代のチャンスを掴むかどうかは、一瞬で決まります。

こだわりすぎると、うまくいかないかも。

次々乗り換えてもいいし、どういう選択をするか、前例を探さないというのも大事になりそうです。頭をうんと柔らかくして!

チャンスの神様は前髪しかない、と言うけれど、これまでピンと来なかった人も、痛感せざるを得なくなるでしょう。

ぜひ、掴んでほしいです!でもチャンスはそこらじゅうにあるから、1度目で掴めなくても安心してください。何度も楽しんでトライしよう!


それから、もう一つ大事なことを。

ヒーロたちは、普段、その辺で普通に暮らしているただの「人」ですよね。

だから「いつでも目立っていなければならないわけではない」のです。


特別である、というと、目立って視線を浴びなくてはならないような気になりますが、そういうことでは無いですよね。


あなたの家事力は普通を超えているかもしれない。

あなたの趣味は、趣味の域を出ているかも。

あなたの生きがいは、仕事では無いかもしれません。


幸せであるために、どんな能力をどこで発揮しますか。


あなたがいるだけで、世界に貢献できるのです。


自分をもっと世界に目撃させましょう。


世の中には、いろんな人がいます。分かり合えない人もいるかもしれないけれど、圧倒的に縁があるのは、あなたの支援者であり、助けになる人たちです!あなたがどうであろうと、大切な家族、友人はきっと受け入れてくれる。反対があるのは、心配なだけかも。


また、声をあげれば、新しい仲間にも会えます。

ファンクラブなんてまさにそういう場所ですよね!

素晴らしい世界を生きられる可能性に満ちています!


あなたが握りしめているその手を、そろそろ緩める時が来たようです。

それが、「手放す」と言うことなのでは。


DCコミックスヒーローたちから、いろんなことを学べました。

私も今度から、「ふんっ」と思わず目が合うものは見てみないとね◎


そしておかしな角度で記事を書く。これも隠さずやっていこうと思います。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

半年前、半年後の自分を意識する"蝕"というタイミング

2024.3.25 16:01頃 天秤座で満月・半影月食でした。 日食月食というのは、古くから大きなポイントとして注目され、端的に表現すると、"エネルギーが強い新月と満月"ということ。 半年ごとに、日食・月食が起こりますので、占星術では半年クールで物事を捉えるのに適しています。 昨年10/15、天秤座の新月・金環日食の頃を思い出せるでしょうか? 昨日行ったインスタライブに際し、わたしも振り返ってみ

2023年の私の旅

私は、旅行が好き。 父が主に不在、という家庭だったので、家族旅行に行くような機会はそんなになかったのだけど、私は十分に大人になりました! 子どもの頃の分、色々と行けたらいいな!と思っています。 行きたいところリストもワクワクしながら増えて行っているところです! 移動手段の中では、特に飛行機が好き。 あっという間に遠くの場所に運んでくれるのだから! 飛行機が苦手という方もいらっしゃるけれど、個人的に

調子が悪い時の対策

展示を終え、日常が戻ってきました。 しかし!春からの怒涛のスケジュールを終えた安堵からか、いつかは来るだろうと思っていた体調不良が唐突にやってきた! そんな連休でした。 今は声が枯れていたりで、最終形態です。 でも、前はもっとこのアップダウンが頻回で、山と谷も急だったっけ。 そう思うと、今は健康になってきてる!そう感じます◎ さてさて、今日の本題に入ろうと思います。 誰だってありますよね。調子が悪

Commentaires


bottom of page