まるいあさ を終えて

(いつも題名があまりにもベーシック、且つ、古めかしい表現であることをお詫び申し上げます…汗)


2021/5/29〜6/6の9日間、佐世保市にあるセレクトショップ、toalu様にて初めての個展をさせていただきました。


昨年の予定だったのが、1年越しになり、

たっぷりたっぷり自分に向き合い、

今の一生懸命を出せたと思います。


色んな反省点はあれど、タラレバにならず、次に生かそう!と思えている自分が誇らしいくらいです。



ずっと、わたしなんてこんなもの、ものづくりは好きだけど、自分が表に出てまでやれるとは思えない。


行き詰まりを感じていた頃に妊娠して、出産し、リセット期間をもらえたことも大きく、

やっぱりこの子に、お母さんが目いっぱい好きなお仕事している姿を見せられたらいいな、という欲まで出てきて、

一歩踏み出したのが2019年。


2020年はもっとお客様に会いに行きたい。

直接お話ししたいな、という気持ちでいましたが、昨今の状況により、そうはいかず。


でもこの立ち止まる時間が、肩に力入りまくり、焦りまくりの自分を緩めてくれ、

こんなにも良い空間に浸れたんだ、そうストンと腹の底まで落ちて来ました。


そのくらい学びの多い、たくさんのことを教えてくれた9日間。

足を運んでくださった方、応援して見守ってくださった方、協力してくれた家族、色んな人に心からありがとうを伝えたい。


お客様からは、

もっともっと色んなところでやった方がいいよ!見てもらったほうがいいよ!

そんな風に力強く励ましてくださる声をたくさん頂けて、素直に、とっでもうれしかったです!


わたしは店舗を持ちたいという夢はありません。流転するほうが新鮮で好きなのです。

だから、いろんな地を訪問して、各地のお客様と出会いたい。旅するようにお仕事したいというのが一番の夢です。


今回は自宅から往復約3時間かけて週末ごとに通いました。

久しぶりの長い運転、最初は気が重かったのですが、最終日は運転さえも楽しんでいて。


わたしにとって移動することがどれだけリフレッシュになるか、頭でわかってはいましたが、体感できた良い経験です。


ここで少し星の話を織り交ぜます。


わたしの太陽星座は双子座。

移動、旅、というのもキーワードの一つ。

そしてわたしの月星座が位置するのは、9ハウス。これも旅が一つのテーマとなるお部屋です。


旅先で、家のように人を招く空間を作る。これは9ハウス蟹座月のよろこびともいえます。


月の欲求をなるべく満たしてあげたい、そうするとその先にある、芸術性が磨かれていく。

月の真反対に海王星が位置しているからです。


こんな風にひとつ一つ紐解いていくと、わたしは本当に自分の核に忠実に、素直に生きはじめていることを実感します。

とはいえ、紆余曲折、悩みながらの人生であることは間違いありません。


でもいいんです。わたしなんかどうせ…そんなことをあまり思わなくなっているから。

大丈夫だよって自分を讃えられるようになってきたから。


冒険すること、怖い方をあえて選んでみる。

その裏には、本当はそっち側に行ってみたい、これがくっついているはず。


個展の前は怖かったです。

ずーっと碇シンジくんがわたしの中に住んでいて、

逃げちゃだめだ…逃げちゃだめだ…

そう繰り返し訴えてきました。


やってみたことないことって怖いもの。

一生懸命だからこそ不安だもの。


そんな自分の熱みたいなもの感じて、一方で、生きてるなぁ〜とうれしくもありました。


そんな気持ちを抱えながら設営作業へ。


出来上がった空間はまだまだ荒削りで、

もっと削ぎ落としていけるな、

それを客観的に観察できたことが、もしかするとわたしのいちばんの収穫だったかも。


あれもこれもにならないようにするにはどうしたらいいか、この長きにわたって悩み続けていた、答えのヒントがもらえました。



プロフィールパネルに、

「自分らしさってなんだろう」これがアイデアソースになっている。

こう書きました。


わたしは一生答えが出ない、目に見えないところの何かを具現化したい。

無いものを見せるってどういうことなのか。

わたしのアンサーは"色"であり、"不揃いな形・不恰好な線"、そして"言葉"なのだと思います。


こんなわたし誰もわかってくれないと思う、だって変な子ってわかってる。


小学生の頃から息苦しさを感じていました。


だけど思い切って表現することをしてみたら、

思いもやらないギフトが届くようになった。


今は年々歳を重ねることが楽しくて仕方がありません。正直戻りたい年齢なんか全くない。



今個展中、34歳の誕生日を迎えました。

ソーラーリターン(太陽回帰)のホロスコープを眺めたら、今年1年いい年にしようね!って星たちも一緒に喜んでくれている気がして、すごくうれしくなりました◎



ここで得たたくさんの気づきを宝物にして、またこれからわたしの世界の広がりを感じたいと思います。



またお会いできますように◎

いつかどこかでお会いできるのを楽しみにしています◎


お招きいただけるよう、これからも自分に素直に、一歩一歩◎

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年の結びのブログも書く気にならず、 年始の挨拶も同じく気が乗らずで、ようやくこれは残しておきたいということが出てきました。 明けすぎて おめでとうございます まずはわたし自身に!そしてみなさまへ! 今年もますますよろしくお願い致します^^ さて今日は、 最近ずっと思ってきたことを書きたいと思う。 西洋占星術という、占いであり、 また占いの枠を超え、心理カウンセリングの場でも使われるような側

占星術を学び始めたのは2020年の確か6月。 その後にカードに触れ始めました。 本当に、読んでも読んでも、読み切れていない。 そのくらいのレベルです。 でもチャートやカードの声を聞くのが本当に楽しい。 都度違う世界へ連れて行ってもらえることに、常にワクワクしていしまいます。 こんなペーペーのわたしが、この "K y u s u i" という場を設けるに至るまで、すごく悩みました。 楽しいだけで、人

西洋占星術ヲタであることは周知の事実であると思いますが、 どこに魅力を感じているかについて改めて。 わたしも、は?星座っていくつもあるの、え?ていうところから始まりましたし、 正直覚えられるなんて、1ミリも思ってませんでした。 マークを書きたいとか、宇宙とか、本当興味なかったしねー。 今もあんまり天体観測とかは、進んでやる気になはならんかな。。。 根っからの文系ですんで。 本当にねー、今の自分があ